委員会紹介

ガバナー月信

SAA委員会
SAA : 野村 俊隆
副SAA : 中島 孝夫・宇野 泰正・奥谷 英一・中西 広美
富田 宏・幡田 賀紀・藤田 隆司
(1)基本方針
 今年度、SAAは、今年度のテーマ「for the team 全てをクラブの為に」を推進するため、会員の皆様がスムーズにテーマに取り組んでいただける環境の実現に努めるとともに、メリハリのある活気あるクラブとなるよう会場運営に努めてまいります。
 また、他の委員会の活動に積極的に協力、参画いたします。
(2)活動計画
  1. 例会場の設営・管理監督
  2. 食事の手配
  3. ニコニコ箱の管理・報告・協力推進
  4. 会員・ご婦人の誕生日のお祝い
  5. 年次表彰、節目のお祝い

クラブ管理運営委員会
委員長 : 稲田 賢二
委 員 : 田中 康正・稲田 賢二・山本 昌市・小谷 逸朗・中川 將・柏木 武生宜・渋谷 登志和
(1)基本方針
 クラブ運営委員会として、クラブの発展には、魅力があり元気と個性のあるクラブづくりが必要だと思われます。そして一年を通して、充実のある奉仕活動に取り組みたいと思います。
 今年度会長が掲げる「for the team 全てをクラブの為に」をスローガンに、全ての事業や奉仕活動にできる限り全員の出席参加を促し、クラブの活性化に努力します。
 柏木副会長とクラブ管理運営委員会を分担し、担当する委員会にはできるだけ出席して委員会の活性化及び各奉仕委員会との連携を模索してまいります。
 他委員会の活動に積極的に協力、参画する。

(2)活動計画
  1. 会員増強委員会;会員増強について従来からの問題点を検討するためにクラブフォーラム及び炉辺会議の開催を行います。また新規入会5名を目標に努力します。
  2. 出席委員会;100%出席例会の達成を目指します。
  3. 親睦委員会;前会長、幹事の担当委員会であります。
    更なる会員同士の親睦を深めた活動、またロータリークラブの活動に
    ご理解をいただくための家族会及び親睦会の開催。
  4. 越中八尾RC担当委員会;今年度越中八尾RC50周年式典に参加いたしました。今後も益々の交流の為親睦を深めていきます。

クラブ管理運営委員会
委員長 : 柏木 武生宜
委 員 : 田中 康正・稲田 賢二・山本 昌市・小谷 逸朗・中川 將・柏木 武生宜・渋谷 登志和
(1)基本方針
 山本勝彦会長のスローガン「for the team 全てをクラブの為に」にもとづき、八尾ロータリークラブの為に役立つ事業や活動を行って参りたいと思います。
また会長の大切にしている会員相互の親睦を旨とし、楽しいクラブライフをおくれる様な委員会活動にしていきたいと思います。
 稲田副会長とクラブ管理運営委員会を分担し、担当する委員会には出来るだけ出席して、委員会の活性化および各奉仕委員会との連携を模索してまいります。
 他委員会の活動に積極的に協力・参加する。

(2)活動計画
  1. クラブ研修委員会
    八尾ロータリークラブの会員全員がロータリークラブの知識を学び、いま一度ロータリーの意義を確認する機会をもうけたいと思います。
    また、新入会員が増えており入会年度の浅い会員に対する研修が必要になっていると考えます。研修の機会として皆和会の開催や炉辺会議を積極的に取り入れていければと考えております。
  2. クラブ広報委員会
    八尾ロータリークラブを社会にPRし、八尾市民や行政、八尾の企業にも広く認知してもらい、会員の増強につながる活動をしていきたいと思います。
    また、会報やホームページの充実、マイロータリーの登録率アップにも取り組んでまいります。
  3. プログラム委員会
    八尾ロータリークラブの会員の資質や経営者としての能力向上、人としての教養を高めるようなプログラムを考え、例会出席が楽しく意義のあるものにしていきたいと思います。

会員増強委員会
委員長 : 児林 秀一 / 副委員長: 宮川 清
委 員 : 佐野 清・松本 新太郎・池尻 誠・山口 智士・井川 孝三・宇野 泰正・奥谷 英一
(1)基本方針
 会員増強委員会として、本年に課せられた活動内容は大きく、会長所信にもあります「for the team すべてをクラブの為に」を
掲げられています。会員増強委員会としてもこのスローガンを基に今年一年間活動して参ります。
昨今のロータリークラブに於いても会員の減少が目立っており会員確保でロータリアンが日夜奔走されております。
我がクラブもご多分にもれず会員の退会、増員に日々悩まされている状態です。当委員会と致しましては、八尾ロータリークラブに魅力作りを各員会と連携模索し退会者防止に努めます、また会員数については純増5名をめざし安定した会員構成を作ります。また以前からの懸案事項でもあります会員増員の為の諸問題を議案とし、フォーラム・炉辺会議等開催し本年の会員増強に努めてまいります。
他委員会の活動に積極的に協力、参画する
(2)活動計画
  1. 会員の増員については純増5名を目指します。
  2. 会員の退会を防ぐ為、各委員会と連携を図り楽しい魅力あるクラブを目指し退会者ゼロを目指します。
  3. 喫緊の課題でもあります会員増員について従来からの問題点をクラブ全体で検討して行きます。
  4. 上記項目をフォーラム・炉辺会議等で検討・協議し方向性を見つけていきます。

出席委員会
委員長 : 新宮一誓  /  副委員長: 藤田 隆司
委 員 : 中西 広美・富田 宏
(1)基本方針
 本年度山本勝彦会長のスローガン「for the team 全てをクラブの為に」に基づき、例会出席は義務では寂しいので「出席は権利」と思えるように各委員会、特にSAA委員会・プログラム委員会と連携を取りながら出席率の向上を図りたいと考えます。他委員会の活動に積極的に協力、参画する。
(2)活動計画
  1. 100%例会を達成及び平均出席率のアップ。
  2. 会員についてメンバー相互の意識の共有を図る。

親睦活動委員会
委員長 :菅野 茂人 / 副委員長: 長竹 浩
委 員 : 小林 成禎・山本 隆一・藤田 隆司・北野 和男・友田 昭・曽家 清弘・鼓呂雲 健造・平尾 貴英・大橋 裕之・川村 健司・竹中 浩人・竹原信二
(1)基本方針
 会員相互の友情や信頼は親睦によって育まれる、といっても過言ではありませんが、ロータリークラブは親睦が最終目的のクラブではありません。『親睦から奉仕へ』親睦活動がより素晴らしい奉仕活動の糧になるよう、例会を基本に考え、親睦事業を企画、実践していきたいと考えます。
尚、他委員会の活動に積極的に参加協力します。
(2)活動計画
  1. 例会が親睦の基本と考え会員相互の交流を深める場と成るようSAAと協力し活動する
  2. 初親睦会 7月11日 日帰り旅行
  3. 秋の一泊二日親睦旅行 10月 一泊旅行
  4. 忘年家族会  12月12日 コンラッド大阪
  5. 春の日帰り親睦旅行  未定

プログラム委員会
委員長 : 田中 康正 / 副委員長:川田 隆
委 員 : 高井 榮彌・西 秀樹
(1)基本方針
 今年度の八尾ロータリークラブのスローガンは「for the team全てをクラブの為に」です。今後のロータリー事業、奉仕活動に参考や繋がるような卓話を計画します。会員相互の理解、会社発展に繋がる職業の卓話計画に取り組みます。他委員会の活動に積極的に協力、参画する。
(2)活動計画
  1. 会長所信に述べられている「青少年に対する教育の支援」に繋がるような卓話の実施。
  2. 職業奉仕委員会と協力し会員増強、出席率に繋がる魅力ある卓話の実施。
  3. 会員からの卓話(会社PR、仕事を通しての学び、夢中に取り組んでいる事)実施。
  4. 他委員会の活動に積極的に協力・参加する。

クラブ研修委員会
委員長 : 中西 啓詞 / 副委員長 : 長竹 浩
委 員 : 中川 廣次・飯田 寛光・相馬 康人
(1)基本方針
 今年度の方針を達成するためのスローガン「for the team 全てをクラブの為に」を実践するためにロータリーの目的でもある奉仕活動を通じて親睦を深めることが重要であります。
その為に、ロータリーについての知識、意義を理解し、学ぶための研修会を実施してまいります。
研修会を実施するに当たって、クラブ理事会、各種委員会、特にクラブ戦略計画委員会等々と、連絡を密にし、実施してまいります。
 他委員会の活動に積極的に協力・参加する。

(2)活動計画
  1. 新会員および入会浅い会員を対象に9月、3月に研修会を実施
  2. 現会員を対象に炉辺会議を前期、後期に研修の機会として実施
  3. 研修委員会メンバーの会合を2か月に1回以上を目標に定期的に実施

クラブ広報委員会
委員長 : 相馬 康人 / 副委員長:山本 隆一
委 員 : 吉本 憲司・津田 伸一
(1)基本方針
 下記の四点を基本方針の柱とする。
● 八尾ロータリー会員のネットワーク強化。
● 新規会員勧誘支援。
● 一般市民の認識向上(駅貼りポスターなど)。
● 他委員会の活動に積極的に協力・参加する。
(2)活動計画
  • 既存の広報媒体(動画・Webサイト・週報等)を効率的・有機的に展開する。
  • 広報媒体の内容が陳腐化しないよう、適切に更新・維持管理を行う。
    内容の更新にあたっては会員の情報や他委員会の活動内容を積極的に盛り込み、会員・一般の認知度向上に協力する。また、更新・維持管理には多大な労力・スキルを必要とするが、業務の整理・マニュアル化を行うことでスムーズな継承・継続が行われるよう整備する。
  • 広報事業の規模拡大を目的とした、周辺クラブとの連携・協働・人的ネットワーク構築を図る。

越中八尾RC担当委員会
委員長 : 濱岡 千寿郎 / 副委員長:小谷 逸朗
委 員 : 児林 秀一
(1)基本方針
 本年度。会長所信の「For thi teamすべてをクラブのために」を念頭に長年にわたり友好クラブである越中八尾ロータリークラブと共に両クラブが更なる飛躍をするように努力していきたいと思います。
 委員会メンバー一同、各委員会にも積極的に協力・参画してまいります。
(2)活動計画
  1. 越中八尾ロータリークラブ公式訪問
  2. 越中八尾ロータリークラブ新春互例会参加
  3. 八尾ロータリークラブ公式訪問受け入れ

職業奉仕委員会
委員長 : 山陰 恭志 / 副委員長:山本 昌市
委 員 : 居相 英機・寺坂 哲之・大熊 勉・北野 和男
(1)基本方針
 職業奉仕という考え方はロータリークラブの根幹となるもので、正しく理解する努力を続けていくことが大切です。経営者の精神論のようなものではなく、異業種のメンバーから学んだことを持ち帰り、自分自身そして自分の職場や関係する人々の能力の向上に役立てる、そのようなサイクルを構築できる委員会活動を目指してまいります。そして職業は社会があってこそのものです。変わり行く社会に職業をもってどのように役立つのかも合わせて学んでまいりたいと思います。
委員会メンバー一同、各委員会にも積極的に協力・参画してまいります。
(2)活動計画
  1. 異業種への理解を深める卓話・勉強会
  2. 外部講師を招聘して働き方改革、大人のひきこもり等現在クローズアップされている問題を取り上げた卓話・勉強会
  3. 若い世代のキャリア目標を支援する事業

社会奉仕委員会
委員長 : 松井 良介 / 副委員長:宮川 清
委 員 : 坂本 憲治・中川 將・中川 廣次・曽家 清弘
(1)基本方針
 今年度の社会奉仕委員会では、地域社会に向けて、我々の事業を通じて、心がインスパイアされる様な事を考え、実行したいと考えております。また我々の住む地域社会に限らず、広範囲な地域での活動を通じて、より多くの方々に、影響を与える事が出来るように、事業を行います。
他委員会の活動に積極的に協力、参画する。
(2)活動計画
  1. 年末年始にかけての、街角イルミネーション事業
  2. 国際奉仕委員会と協力し、海外での社会奉仕事業
  3. 他の委員会の事業に積極的に協力すること

国際奉仕委員会
委員長 : 小谷 逸朗 / 副委員長:濱岡 千寿郎
委 員 : 松井 良介・宮川 清・児林 秀一・北野 和男
(1)基本方針
 今年度の会長方針である「For the team すべてをクラブのために」を国際奉仕活動を通じ具現化したいと考えます。
 当クラブでは先輩方のご努力により3つの海外友好クラブが存在します。
今年度は友好クラブの見直しと今後の新たな関係の創造にも着手する所存です。以下示します国際奉仕事業を通じ当クラブのプレゼンスを向上させるために努力します。
他委員会の活動に積極的に協力、参画する。
(2)活動計画
  1. イーストホノルルRCとの青少年交換事業
    4年前に実施したイーストホノルルRCとの青少年交換事業を青少年奉仕委員会と協働し行います。
  2. 台北東RCへの公式訪問
    例年訪問しております台北東RCへの公式訪問を行います。
    相互の会員間の親睦を図るため宴席、ゴルフによる交流を行います。
  3. サンタマリアRCとの関係の検証とセブ島への経済援助
    当クラブとは友好クラブでありながら長年疎遠になっていたサンタマリアRCとの関係を検証するとともにセブ島への援助事業も検討します。
  4. ④ 他委員会の活動に積極的に協力、参画をします。

ロータリー財団委員会
委員長 : 飯田 寛光 / 副委員長:奥谷 英一
委 員 : 山本 義治・曽家 清弘
(1)基本方針
 会員皆様にロータリー財団に関する知識と理解推進を進めます。
 今年で地区財団委員会に出向して2年目です。財団委員会の構成、補助金の種類・内容や意義・現状を説明し、知識を深めてもらえるよう努力します。
 寄付金の必要性を説明し、補助金の活用を推進していきます。
 他委員会活動に積極的に参加・協力します。
(2)活動計画
  1. ロータリー財団を理解して頂くための卓話を行う。
  2. 年次基金として一人当たり150ドル以上の寄付を達成する。
  3. ポリオプラス基金として一人当たり50$以上の寄付を達成する。
  4. 恒久寄付基金ベネファクター1名以上を達成する。

青少年奉仕委員会
委員長 : 大槻 恭介 / 副委員長:大熊 勉
委 員 : 村本 順三・川田 隆・新宮 一誓
(1)基本方針
 本年度クラブテーマ「for the team 全てをクラブの為に」に基づき,まず委員会のメンバーが積極的に青少年事業に参加して頂けるよう努力します。
 次世代を担う若者たちが地域社会、国際社会のリーダーとなっていけるよう青少年の健全育成を図ることは、平和でよりよい未来を築くための礎であると考えます。
 人間同士の繋がりが希薄化している現在、青少年に有意義で適切な活動の場を設けその成長の一助となるよう努めます。
 他委員会の活動に積極的に協力、参画する。
(2)活動計画
  • 金光八尾高校インターアクトクラブの活動への参加・協力
  • 曽爾高原での野外活動
  • 八尾市教育委員会の事業への参加・協力
  • 地区主催の青少年事業への参加・協力
  • ⑤ 子ども食堂への参加・協力
  • 国際奉仕委員会と合同での交換留学

米山委員会
委員長 : 幡田 賀紀 / 副委員長:坂本 憲治
委員 : 小山 悦治
(1)基本方針
 今年度は前年度の基本方針の米山奨学生がロータリークラブの活動や人との交流を深める機会を作り、人材育成のサポート役となる方針を引き継ぎ、米山奨学委員会に対する見識を深め、米山奨学生をサポートする事に全力をつくす。
また、米山奨学制度を当クラブに広報し、理解を求める活動をする。
そして、他委員会の活動に積極的に協力、参画します。
(2)活動計画
  • 寄付金の地区目標一人当たり(3万円)への理解と協力。
  • マクドナルド・ミカエラ・マリさんへのフォロー、バックアップする。
  • 地区活動に参加する。

インターアクト委員会
委員長 : 吉田 法功 / 副委員長:富田 宏
委員 : 西村 衛・西 秀樹・友田 昭
(1)基本方針
 インターアクターに奉仕を奨励する方法を見つけ出し、地域社会に対して積極的に関心を持つよう促し、リーダーとして成長する機会を提供します。
 また多くのロータリアンにも事業に参加して頂き、インターアクトを理解して頂けるよう努めます。
他委員会の活動に積極的に協力、参画する。
(2)活動計画
 

  1. 夏季奉仕活動の参加。
  2. 8月の海外研修の参加。
  3. 年次大会の参加。
  4. 新入生歓迎会の参加。
  5. 文化祭の協力及び参加。
  6. 卒業式・入学式の参加。

クラブ戦略計画委員会
名誉委員:戸田 孝 / 委員長:居相 英機  / 副委員長:井川 孝三
常任委員:松本 新太郎・佐野 清・中西 啓詞 / 役職委員:菅野 茂人・山本 勝彦
会員増強担当:稲田 賢二 / クラブ研修担当:笠井 実
(1)基本方針(戦略計画委員会とは)
(1)戦略計画委員会はRI及びガバナー方針の基に中長期(3~5年)のクラブ運営の方向性を継続的に考える諮問機関的委員会です。
(2)クラブ戦略計画委員会は単年度では解決が困難な課題を複数年度に亘り取り組んでゆく活動が大勢を占めています。例えば、会員減少、高齢化、会員研修、財政問題、奉仕のあり方等です。また、クラブの最高決定機関はあくまで理事会です。
(3) 八尾RCの戦略計画委員会は複数年度にわたるクラブ方針や目標に対応できるように委員会構成は「常任委員」と毎年入れ替わる「役職委員」からなります。
(2)活動計画
  • 委員会の開催は年4回を目安
  • カウンセラー制度 (会長経験者が1年間 新会員への指導・相談)
  • RI規定審議会から出てきた定款細則及び八尾RC定款細則変更の検討
  • 一過性や単年度では解決できない問題の検討
  • その他
Scroll Up