会長挨拶 | 2018-2019

ガバナー月信

2018-19年度 八尾ロータリークラブ会長方針

テーマ
for the team 全てをクラブの為に

会長 山本 勝彦


今年度の会長を仰せつかりました、山本勝彦でございます。何分初めての大役ですので、理事役員の皆様をはじめ会員各位の皆様のご協力が無ければ無事運営することが出来ませんので、何卒宜しくお願い申し上げます。

 さて、今年度(2018-2019年度)のRI会長のバリー・ラシン氏はテーマとして、「インスピレーションになろう」を掲げておられます。日本語で表現すると非常に分かりにくく、語源はINSPIRE:感動させる、奮い立たせる、鼓舞する、元気付ける等の動詞であり、「BE THE INSPIRATION」日本語での「インスピレーションになろう」は、「感動させる、鼓舞させる人になろう」といった訳が適当かと思います。
私は入会してこれまで大変多くの先輩諸兄や友人から多くの体験や経験を通じ、人生の勉強をさせて頂きました。この事に鑑みまして今年度は「for the team 全てをクラブの為に」をスローガンに、すべての事業や奉仕活動も八尾ロータリークラブの為に役立つ事を目的とさせて頂き、会員の皆様と様々な問題も共有し、切磋琢磨しながら少しでも問題の解決に尽力させて頂こうと思います。

 その為に、執行部と会員の皆様との情報交換を密に行う必要があり、担当副会長を2名体制にしました。これにより管轄する各委員会からの情報をスムーズに反映させ、会の運営を迅速にすることが可能になると思います。
今年度は特に会員の増強と、大きな問題を抱える青少年に対する教育をどの様に我々が支援し、影響を与える事が出来るかを皆様と共に考えて行こうと思います。今日の多くの問題の元凶が、人間の躾と教育にあると思います。一番効果が望めるのはやはり青少年への教育から始めるのが適当と思います。その前に教職員の教育があり、その前には政治家の教育もあります。

 最後になりますが、私一人がいくら気合を入れて頑張っても何もできないのは目に見えております。本日から我々は船出をして、一年後まで航海する事になりました。無事に航海が終わり、港に帰ることができます様、皆様方のお力を賜ります事をお願い申し上げます。

Scroll Up